なんとなく城跡巡り2

主に近畿地方を中心にCBR400Rで城跡を巡っています

新発田城跡

所在地:新潟県新発田市大手町6丁目4
別名:浮舟城、菖蒲城・舟形城、狐尾曳ノ城
築城主:新発田氏
築城年:不明
廃城年:1873年(明治6年)
主な城主:新発田氏、溝口氏
遺構:櫓・長屋、門、石垣、土塁、堀
再建造物:三階櫓、辰巳櫓
指定文化財:国重要文化財(表門、二の丸隅櫓)
訪城日:2022年8月11日(水)晴
駐車場:新発田城址公園駐車場
日本100名城:No31
スタンプ設置場所:新発田城辰巳櫓内(12月〜3月は市立図書館)
※スタンプ設置場所に変更があることもあります。必ず最新の情報をチェックしてから行くことをおすすめします。

【歴史】
新発田城の築城年代は不明ですが、鎌倉時代初期に幕府設立に戦功のあった佐々木盛綱の傍系である新発田氏による築城と考えられている。代々新発田氏の居城となっていたが、天正9年(1581年)、新発田重家が上杉景勝に対して反乱を起こした(新発田重家の乱)。天正15年(1587年)、豊臣秀吉の支援を受けた景勝は、新発田勢の諸城を攻略し、ついに新発田城は落城、新発田重家は自刃した。新発田重家の乱の鎮圧後、新発田城には宮島三河守が城代として入城したが、その後上杉氏の会津転封に伴い、慶長2年(1597年)、溝口秀勝が6万石の所領を得て新発田に入封。新発田藩領内を治めるための拠点として新発田重家の旧城の地を選び、新発田城の築城を行っていった。城が完全な形となったのは承応3年(1654年)頃、3代宣直の時代といわれる。その後寛文8年(1688年)、享保4年(1719年)に火災によって城内建築に大きな被害を受けるが、その度に再建されている。明治6年(1873)に廃城令によりほとんどの施設が破却された。



◆巽櫓(復元)

◆堀部安兵衛武庸像











◆旧二ノ丸隅櫓



◆新発田城概要

◆本丸表門

◆初代藩主溝口秀勝公像

◆旧本丸跡

◆旧本丸跡

◆巽櫓

◆巽櫓の説明板

◆新発田城模型

◆巽櫓模型

◆旧二の丸隅櫓

◆旧二ノ丸隅櫓の説明板



◆本丸三階櫓(自衛隊敷地にあるため、内部には入れない)


♢新発田城へのアクセス

米沢城

所在地:山形県米沢市丸の内1
別名:舞鶴城、松ヶ岬城
築城主:伝・長井時広
築城年:暦仁元年(1238年)頃
廃城年:1871年(明治4年)
主な城主:長井氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏
遺構:土塁、堀、石垣
再建造物:なし
指定文化財:県指定史跡
訪城日:2022年8月11日(水)晴
駐車場:松が岬おまつり広場 駐車場
続日本100名城:No109
スタンプ設置場所:米沢観光コンベンション協会観光案内所
※スタンプ設置場所に変更があることもあります。必ず最新の情報をチェックしてから行くことをおすすめします。

【歴史】
築城年代は定かではないが、米沢城が最初に築かれたのは、鎌倉時代中期の暦仁元年(1238年)と伝えられる。鎌倉幕府の重臣・大江広元の次男・長井時広が出羽国置賜郡長井郷の地頭として赴任した際に築城されたと推定されているが、これを実証する史料や遺構は確認されていない。時広は赴任地の地名から長井姓を名乗った。以後、長井氏の支配が150年近く続いた。8代広房は室町時代初期(年代は諸説ある)に、伊達宗遠に侵略されこの地を追われた。以後、安土桃山時代までここは伊達氏の支配下に入った。天文17年(1548年)伊達稙宗・晴宗父子の対立である天文の乱を経て、晴宗は本拠地を桑折西山城より米沢城に移した。晴宗から輝宗、政宗と当主が変わっても本拠地として使用された。米沢に城下町が成立したのはこの時代と考えられる。天正17年(1589年)政宗は蘆名義広を破り、蘆名氏を滅亡させると黒川城に本拠を移し、晴宗の弟にあたる宗澄ついで宗清を城代に据えた。しかし、豊臣秀吉はこの会津攻略を認めず政宗から召し上げたため、翌年には本拠を米沢に戻すことになる。天正19年(1591年)政宗は豊臣秀吉の命により岩出山城に移った。伊達氏に代わって会津に封ぜられた蒲生氏郷の支配するところとなり、重臣・蒲生郷安が米沢城主となった。郷安はこの時、城の改修を行っている。慶長2年(1597年)米沢城主には重臣・直江兼続を置いた。慶長5年(1600年)秀吉の死後、関ヶ原の戦いでの西軍の敗戦により、減封され以後、明治維新まで米沢藩上杉氏の居城となった。

◆米沢城の堀と御三階櫓跡(右上部分)

◆松が岬公園案内図



◆西門跡と西北三重隅櫓跡



◆上杉神社社殿
Z5V_2457

◆上杉神社由緒

◆春日神社

◆春日神社

◆春日神社由緒



◆直江兼続公像

◆上杉鷹山像

◆上杉鷹山公詠

◆上杉鷹山公説明板

◆上杉景勝公と直江兼続公主従像



◆上杉謙信公像







◆本丸南東隅の土塁と水堀、奥に上杉邸

◆水堀

◆松岬神社

◆松岬神社由緒

◆上杉鷹山公之像

◆かねたん

◆伊達政宗生誕之地(舘山城説もあり)


♢米沢城へのアクセス

山形城跡

所在地:山形県山形市霞城町1
別名:霞城、霞ヶ城、吉字城
築城主:斯波兼頼
築城年:1356年(南朝:正平12年、北朝:延文2年)
廃城年:1871年(明治4年)
主な城主:最上氏、鳥居氏、堀田氏、秋元氏他
遺構:石垣、堀、移築門、移築御殿
再建造物:二の丸東大手門、大手橋
指定文化財:国指定史跡
訪城日:2022年8月11日(水)晴
駐車場:霞城公園駐車場
日本100名城:No10
スタンプ設置場所:二ノ丸東大手門櫓
スタンプ設置場所に変更があることもあります。必ず最新の情報をチェックしてから行くことをおすすめします。

国指定史跡 山形城 - 山形市


【歴史】
1356年(延文元年)に斯波兼頼が羽州探題として山形に入部し、1537年(延文2年)初期の山形城が築城される。以後、出羽斯波氏は最上氏を名乗り、最上氏本宗家の居城となった。最上義光が、慶長年間に城郭を拡大し最上義光が、慶長年間に城郭を拡大し三の丸を構築、家臣団の屋敷が置かれた。さらに城下町を整備し、慶長出羽合戦で得た出羽57万石の本城となる。元和8年(1622年)に最上氏が改易された後、鳥居忠政により改修がなされた。鳥居氏以後もたびたび藩主家の変更があったが、格式・規模が次第に低下したため、江戸中期以降は城の維持が困難になった。幕末には御殿は二の丸に置かれ、本丸は更地で、三の丸の西半分は田畑になっていた。1871年(明治4年)廃城となり1875年(明治8年)建物は解体された



◆北側の堀

◆二の丸北門跡

◆二の丸







◆最上義光公勇戦の像

◆最上義光公勇戦の像の説明板

◆二の丸東大手門 櫓門(復元)

◆二の丸東大手門 櫓門(復元)

◆堀
Z5V_2382


Z5V_2383

◆二の丸東大手門(復元)
Z5V_2384

◆二の丸東大手門(復元)の説明板





◆巽櫓跡

◆巽櫓跡の説明板

◆横矢

◆横矢の説明板

◆塀礎石(土塁上に立てられた塀の基礎石)

◆二の丸南大手門跡

◆二の丸南大手門跡

◆二の丸南大手門跡の説明板
Z5V_2409

◆南側の堀
Z5V_2410

◆雁木(南大手門)
Z5V_2413

◆雁木の説明板

◆坤櫓跡

◆坤櫓跡の説明板



◆西側の堀

◆二の丸西不明門跡

◆二の丸西不明門跡


Z5V_2424

◆石垣崩落跡

◆石垣崩落跡の説明板

◆一文字大手橋

◆本丸一文字門

◆本丸一文字門の説明板

◆石垣と堀

◆本丸御殿跡(現在復元整備中みたい)

◆井戸跡?





◆復元完成図


♢山形城へのアクセス

仙台城

所在地:宮城県仙台市青葉区川内1
別名:青葉城、五城楼
築城主:伊達政宗
築城年:1601年(慶長6年)
廃城年:1871年(明治4年)
主な城主:伊達氏
遺構:石垣、土塁、堀
再建造物:脇櫓
指定文化財:国指定史跡
訪城日:2022年8月10日(火)晴
駐車場:青葉城有料駐車場
日本100名城:No8
スタンプ設置場所:仙台城見聞館 9時~17時
※スタンプ設置場所に変更があることもあります。必ず最新の情報をチェックしてから行くことをおすすめします。

青葉城 本丸会館



【歴史】
仙台城は、文禄元年(1592年)まで、旧領主国分盛重の居城であった。築城の経緯については明らかでなく、盛重は、慶長元年(1596年)か慶長4年(1599年)に伊達家を出奔したため千代城は廃城になったと思われます。伊達政宗は、関ヶ原の戦いの後、徳川家康の許しを得て千代に居城を移すことにした。1600年(慶長5年)政宗は築城を開始。地名を仙台と改めた。仙台城は通称「青葉城」ともよばれ、仙台平野を見下ろす天険の地青葉山に築かれ、標高は高いところで131.4m、東は広瀬川に落ちる64mの断崖、南は80mの深さの竜ノ口狭谷が固める天然の要害で、将軍家康の警戒を避けるために、 あえて天守閣は設けなかったといわれています。慶長7年(1602年)には一応の完成をみたとされています。政宗の死後、二代藩主忠宗(ただむね)は山麓部に二の丸を造営しました。二の丸が完成した寛永16年(1639年)以降は、幕末まで二の丸が藩政の中心となりました。明治4年(1871年)廃藩置県により廃城しました。

◆大手門脇櫓





◆二の丸跡

◆二の丸跡の説明板

◆宮城縣護國神社



◆宮城縣護國神社大鳥居

◆本丸跡地に建つ宮城縣護國神社拝殿



◆仙台城大広間跡








Z5V_2333

◆本丸北壁の石垣モデル

◆本丸北壁の石垣モデル

◆本丸北壁の石垣モデル説明板

◆大広間模型

◆工事中の伊達政宗騎馬公像

◆展望台からの眺望
Z5V_2343

◆御成門跡

◆詰門跡

◆本丸石垣

◆沢門跡

◆埋門跡


♢仙台城へのアクセス

多賀城

所在地:宮城県多賀城市市川
別名:なし
築城年:神亀元年(724年)
築城主:大野東人
廃城年:不明
主な城主:大野東人
遺構:政庁跡など
再建造物:
指定文化財:国特別指定史跡
訪城日:2022年8月10日(火)晴
駐車場:多賀城管理事務所駐車場など
日本100名城:No7
スタンプ設置場所:多賀城跡管理事務所(多賀城政庁跡北側)
※スタンプ設置場所に変更があることもあります。必ず最新の情報をチェックしてから行くことをおすすめします。




【歴史】
奈良平城京の律令政府が蝦夷を支配するため、軍事拠点として松島丘陵の南東部分である塩釜丘陵上に設置した。平時は陸奥国を治める国府(役所)として機能した。創建は神亀元年(724年)、按察使大野東人が築城したとされる。8世紀初めから11世紀半ばまで存続し、その間大きく4回の造営が行われた。天平宝字6年(762年)に、藤原恵美朝狩が改修、宝亀11年(780年)伊治公砦麻呂の反乱で焼失するまで、貞観11年(896年)の大地震(貞観地震)による倒壊および溺死者千人ばかりを出した城下に及ぶ津波被災まで、そして、11世紀半ばで地震及び津波被災からの復興から廃絶までに分けられる。なお、多賀城の「城」としての記載は『日本三代実録』にある貞観津波の「忽至城下」が最後であり、翌貞観12年の同書には「修理府」、藤原佐世『古今集註孝経』の寛平6年(894年)朱書「在陸奥多賀国府」ほかに「府」あるいは「多賀国府」と記載されている。

◆多賀城管理事務所

◆説明板



◆政庁南大路跡
Z5V_2257

◆政庁南大路跡の説明板

◆排水用石組桝

◆排水用石組桝の説明板


Z5V_2260

◆多賀城南門

◆多賀城碑

◆多賀城碑の説明板







◆政庁南大路の石垣(再現)
Z5V_2269

◆政庁南門跡

◆政庁南門跡の説明板

◆政庁復元模型

◆東翼廊跡



◆政庁正殿跡

◆政庁正殿跡の説明板

◆政庁東殿跡
Z5V_2284

◆政庁東殿跡の説明板

◆土塁


Z5V_2287

◆六月坂地区の役所跡
Z5V_2290

◆六月坂地区の役所跡の説明板
Z5V_2292

◆建物跡







◆外郭北東隅


Z5V_2299

◆外郭東門跡

◆外郭東門跡

◆外郭東門跡の説明板

◆掘立柱式建物

◆掘立柱式建物の説明板


Z5V_2306

◆東門北櫓跡
Z5V_2307

◆東門北櫓跡の説明板
Z5V_2308

◆外郭櫓跡



◆外郭東門路(平安時代の敷石道路)

◆役所群の北門と塀

◆役所群の北門と塀の説明板



♢多賀城へのアクセス

衣川館

所在地:岩手県西磐井郡平泉町高館
別名:衣河館、高館義経堂、判官館
築城年:不明
築城主:不明
廃城年:不明
主な城主:藤原氏、源義経
遺構:なし
再建造物:義経堂
指定文化財:なし
訪城日:2022年8月10日(火)晴
駐車場:高館義経堂駐車場



【歴史】
衣川館は、現在の岩手県西磐井郡平泉町高館にあったとされる奥州藤原氏の居館である。源義経の最期の場所として知られる。衣河館とも表記され、高館義経堂、判官館とも呼ばれる。中尊寺表参道入口から東南東に約500メートル、北上川左岸の丘陵にあり、元々藤原基成の館であったとされる。『吾妻鏡』によれば、義経主従は文治5年閏4月30日(1189年6月15日)、再三にわたる源頼朝の要求に屈した藤原泰衡に襲撃され(衣川の戦い)、妻(郷御前)・娘と共に自害した。伝承や『義経記』などの物語によると、郎党の武蔵坊弁慶も舘の前で敵兵と対峙するも、身体に無数の矢を受け立ったまま絶命、いわゆる「弁慶の立往生」を遂げた。
館の跡には天和3年(1683年)に仙台藩藩主伊達綱村により跡地に義経堂と義経の木像が建立された。

◆入口

◆説明板



◆高館から眺める北上川

◆義経堂



◆義経の木像


♢衣川館へのアクセス

盛岡城跡

所在地:岩手県盛岡市内丸1番37号
別名:不来方城
築城年:慶長3年(1598年)
築城主:南部信直
廃城年:明治4年(1871年)
主な城主:南部信直、南部重直
遺構:石垣、土塁、堀、移築土蔵・門
再建造物:外郭櫓門、政庁南門、東門、築地塀
指定文化財:国指定史跡
訪城日:2022年8月9日(月)晴
駐車場:盛岡城跡公園地下駐車場
日本100名城:No6
スタンプ設置場所:もりおか歴史文化館
※スタンプ設置場所に変更があることもあります。必ず最新の情報をチェックしてから行くことをおすすめします。

♢盛岡公園HP


【歴史】
南部信直は1590年(天正18年) 三戸城居城安とその所領を豊臣秀吉より安堵され、南部藩の祖藩となった。1591年(天正19年)九戸政実が反乱を起こしたが、信直は、自力で鎮定できず秀吉に助力を要請し、豊臣秀次を総大将とする援軍の力を借りて勝利を得た。そこで信直は、九戸氏の宮野城を修築して福岡城と改名し三戸城から移った。1592年(文禄元年)浅野長政らの助言を受け、不来方の地を本拠とすべく整地を開始。1593年(文禄2年)工事に着手したが、1599年(慶長4年)に南部信直は福岡城で没した。信直死後は嫡男の利直が引き継ぎ、慶長年間(1615年)には総石垣の城としてほぼ完成、利直は地名を盛岡に改めた。盛岡城の全城が竣工したのは4代藩主重直の時代、1633年(寛永10年)である。翌1634年(寛永11年)失火により本丸を焼失し、一時、福岡城(九戸城)を居城とした。翌年の1635年(寛永12年)には修復され、再び盛岡城に戻り、以後、盛岡藩の藩庁として明治維新を迎えた。1871年(明治4年)廃藩置県により廃城。「日本城郭大系2より抜粋」







◆櫻山神社山門

◆櫻山神社由緒

◆櫻山神社社殿

◆盛岡城 下曲輪跡

◆石垣

◆石垣

◆石垣

◆石垣

◆石垣


Z5V_2143

◆本丸南西部石垣

◆本丸南西部石垣説明板

◆腰曲輪



◆本丸と二の丸の間の空堀

◆二の丸

◆二の丸

◆井戸跡二の丸



◆三の丸



◆台所屋敷(多目的広場)

◆渡雲橋

◆本丸

◆本丸

◆南部利祥中尉銅像台座


Z5V_2181


Z5V_2184





◆腰曲輪



◆彦御蔵

◆彦御蔵説明板


♢盛岡城跡へのアクセス

志波城跡

所在地:盛岡市上鹿妻五兵エ新田47ー11
別名:斯波城
築城年:延暦22年(803年)
築城主:坂上田村麻呂
廃城年:弘仁2年(811年)頃
主な城主:坂上田村麻呂
遺構:政庁跡など
再建造物:外郭櫓門、政庁南門、東門、築地塀
指定文化財:国指定史跡
訪城日:2022年8月9日(月)晴
駐車場:志波城古代公園駐車場

【歴史】
志波城は、平安時代初期、征夷大将軍・坂上田村麻呂が造営した古代城柵。胆沢地方において蝦夷の首長アテルイを降伏させた翌年の延暦22年(803年)に、北上川と雫石川合流地近くに造営された。これにより、朝廷は律令制の支配を北上川北部にまで及ぼすことが可能となった。志波城は、陸奥国最北の城柵であり、その平面規模は最大級であり、事実上は朝廷の文武支配が及ぶ最前線基地としての機能を担ったと考えられる。征夷大将軍の坂上田村麻呂は、延暦21年(802年)に胆沢城を、延暦22年(803年)に志波城を築いたが、築城と同時か数年後に鎮守府は胆沢に移転した。正確にいつかは不明である。胆沢の前に志波に置かれた時期があったかもしれないともいわれる。


Z5V_2086


Z5V_2085

◆右手の外大溝(堀)と築地塀
Z5V_2090

◆左手の外大溝(堀)と築地塀
Z5V_2091


Z5V_2092

◆復元された外郭南門
Z5V_2093

◆外郭南門説明板
Z5V_2098

◆築地塀の手前に空堀がある
Z5V_2095

◆説明板
Z5V_2096

◆左手の櫓(物見・狙撃)
Z5V_2097

◆右手の櫓(物見・狙撃)、築地塀、空堀
Z5V_2099

◆竪穴建物
Z5V_2101

◆説明板
Z5V_2102

◆説明板
Z5V_2103


Z5V_2105


Z5V_2106


Z5V_2108

◆官衙建物(復元)
Z5V_2109

◆政庁南門(復元)
Z5V_2110

◆内側の空堀
Z5V_2111


Z5V_2112


Z5V_2113


Z5V_2114

◆政庁東脇殿
Z5V_2115

◆政庁東門(復元)
Z5V_2116


Z5V_2117

◆政庁正殿
Z5V_2118

◆政庁北門
Z5V_2119


Z5V_2120


Z5V_2121

◆政庁西門(復元)
Z5V_2122


Z5V_2123

◆政庁西脇殿
Z5V_2124


♢志波城跡へのアクセス

高水寺城跡

所在地:岩手県紫波郡紫波町二日町字古舘
別名:郡山城、斯波御所
築城年:建武2年(1335年)
築城主:斯波氏
廃城年:寛文7年(1667年)
主な城主:斯波氏、南部氏
遺構:横堀、土塁
再建造物:説明板、石碑
指定文化財:町指定史跡
訪城日:2022年8月9日(月)晴
駐車場:城山公園第一駐車場

【歴史】
北上川右岸の独立丘陵に位置し、東西550m、南北700mに及ぶ平山城です。建武2年(1335年)に足利尊氏が奥州管領とし斯波高経の長子家長を下向させ居城としたことに始まるといわれる。
250年余りの間、高水寺斯波氏の中心拠点として発展しましたが、天正16年(1588年)、斯波詮直は家臣の反乱に遭い南部信直に敗れます。ほぼ無抵抗のうちに陥落した高水寺城は天正19年(1591年)「郡山城」と改称され、盛岡城完成まで南部氏の居城としても使われ改修も行われましたが、寛文7年(1667年)に破却されます。破却以降の旧城域の用途は明らかではないものの、城下には盛岡藩の代官所や御蔵、川港が置かれ地方支配の中心として発展しました。本丸の石垣は、弘化3年(1847年)38代藩主、南部利済によって郡山古城東側に架設された承慶橋建設に用いられたといわれています。最頂部は標高180mを測り、北上川中流域を一望できます。本丸を中心に、若殿屋敷(二ノ丸)、姫御殿、右京屋敷、台所屋敷など、蓮弁状に連なる郭や城域に巡らされた空堀が現在も残されています。『紫波町HPより一部引用』











◆姫御殿跡

◆姫御殿跡

◆銭形平次の故郷みたい

◆高水城説明板

◆主郭

◆主郭跡にある神社






♢高水寺城跡へのアクセス

花巻城跡

所在地:岩手県花巻市花城町
別名:鳥谷ヶ崎城
築城年:1000年代、1591年
築城主: 安倍頼時
廃城年:明治2年(1869年)
主な城主:安倍氏、奥州藤原氏、稗貫氏、北氏、南部氏
遺構:なし
再建造物:説明板、石碑
指定文化財:市指定史跡(本丸跡)
市指定有形文化財(円城寺門・時鐘堂)
訪城日:2022年8月9日(月)晴
駐車場:鳥谷ヶ崎公園 駐車場

【歴史】
花巻城の地は、「内史略」や「奥羽永慶軍記」等には、前九年の役の安倍頼時の城柵と伝えられている。稗貫氏は室町時代には十八ヶ城(稗貫郡宮野目村)を本城としていたが、戦国期の享禄年間に本城を鳥谷ヶ崎に移した。周辺には八重畑館や大瀬川館など同じ稗貫一族の城郭が複数あった。
天正18年(1590年)、豊臣秀吉の奥州仕置によって稗貫氏は没落し、鳥谷ヶ崎城には秀吉の代官浅野長政が入部、長政帰洛ののちは同族浅野重吉が目代として駐留した。しかし同年の冬、旧領を奪還しようとする和賀氏と稗貫氏が一揆を起こした(和賀・稗貫一揆)。これによって、鳥谷ヶ崎城を含め稗貫氏の旧領も和賀・稗貫勢の手に渡ったが、翌天正19年、再仕置軍の侵攻により一揆は鎮圧された。同年中に稗貫郡は南部領と決められ、南部信直の代官北秀愛が城代として入り、城の改修が行われ、名称も花巻城と改められた。
天正20年(1592年)の諸城破却書上には、「鳥谷崎 平城 南部主馬助 持分」とある。
慶長3年(1598年)に北秀愛が死去し、かわって父の北信愛が城代となる。同5年(1600年)に南部氏が慶長出羽合戦へ出陣している隙を狙い、和賀忠親が旧領・和賀郡の奪還を目指して一揆を起こした(岩崎一揆)。和賀勢は花巻城や、大瀬川館など周辺諸城を攻め、花巻城の三の丸、二ノ丸を攻略して本丸に迫ったが、援軍を得た北信愛はそれを撃退した。北松斎は慶長18年(1613年)に死去するまで花巻城および城下町の整備に努めた。その後、南部利直は次男政直に2万石を与え花巻城主とし、政直は花巻城を近世城郭として完成させた。その際に本丸に二層二階の櫓や多くの重層の城門が建てられた。一国一城令ののちも南部の抱え城として認められた。政直急死以後は城代が置かれ、花巻城は和賀・稗貫二郡を統括する政治の中心地となったが、明治2年(1869年)に廃城となって取り壊された。 花巻城跡Wikiより抜粋 『日本城郭大系第2巻
◆御役屋跡

◆花巻城案内図

◆花巻城揆奮場跡

◆説明板

◆中御門跡

◆説明板

◆御囲穀御蔵跡

◆焔硝御蔵跡

◆東御門跡

◆鍵御堀跡
Z5V_2025

◆長屋前御門跡
Z5V_2026

◆内堀
Z5V_2027

◆御厩跡

◆御蔵前御門跡

◆鐘堂跡

◆御作事所跡
Z5V_2032

◆鐘搗堂前御堀

◆菱櫓跡

◆菱櫓跡からの景色



◆御台所前御門跡

◆説明板

◆本丸御井戸跡
Z5V_2039

◆御武具蔵跡

◆本丸跡

◆三社跡

◆西御門(復元)

◆花巻城本丸説明板



◆御長屋跡

◆土塁

◆馬場口御門跡

◆白堀跡
Z5V_2051

◆薬研堀跡
Z5V_2052

◆花巻城と盛岡藩について
Z5V_2053

◆円城寺門

◆説明板




♢花巻城跡へのアクセス
なんとなく城跡巡り2へようこそ!

※写真及び記事内容などの無断転載を禁止します。

※相互リンク募集中です。リンクはフリーです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

※掲載内容について不備等御座いましたらご指摘いただけたら幸いです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: